FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

南米編その3

2007.8~


メキシコ2部Colimaの監督に就任したso-ta。

練習試合ではまさかの未勝利。格下にさえ引き分けがやっと。
リーグ戦では23歳未満を5人起用しなければならないという特殊なルール。

などなど不安要素だらけながらいよいよリーグ開幕。







○リーグ開幕

※対戦相手の()内の数字はメディア予想順位。Colimaは23位(。_。) 



Primera Division A 前期 グループ1

08/04 第1節 Away   VS Petroleros(17位)



初の公式戦。・・・だが、相変わらず噛み合わない。
全然攻撃の形が作れない間にCKからあっさり2失点を喫する。

まあ、高さのある選手少ないしなぁ。やられる時はこんなもんか。

なんとか反撃を試みて、後半開始からFW2枚を投入して4-4-2。
これまたさっぱり繋がらず・・・。
ならば、とGiulianovaで最後のシーズンに愛用した4-3-3に変更。
すると今度はゴール前にボールを運べるようになった。

後半から投入し、1トップに入ったバロンが裏への抜け出しで度々チャンスを作っていた。
PKとバロンのゴールでなんとか追いつく。

2-2 DRAW  4位




Primera Division A 前期 グループ1

08/08 第2節 Home   VS Lobos BUAP(14位)



ホーム開幕戦。入場者数は6600人ほどか、まぁそれなりの収入にはなるかな。

フォメを4-3-3に変更した。
下部リーグではウィングを置いた方が攻撃がスムーズに行くようだ。

サイドを抉ってのクロスや中に繋いだりしてシュートまで行けるようにはなったが、GKの正面か枠の外にしか飛ばない。
ま、こんな日もあるだろ。
相手も同じような有様でつまらない引き分け。

0-0 DRAW  7位↓




Primera Division A 前期 グループ1

08/11 第3節 Away   VS Correcaminos(4位)



中2日でコンディションがイマイチだが、23歳未満ルールがあるだけに入れ替えもやりにくい。

21歳だという理由だけでスタメン起用したCervantes(ST)がハットトリックの大爆発。
能力的にはウチで4番目の微妙な能力だというのに。ほんとFWだけは誰がどう活躍する読めないポジションだ。

Cervantesの活躍などで前半だけで3点を奪い、後半には相手のゴールが取り消しになってウチはPKでさらに1点追加。
なんてウチ贔屓の主審・・・ここはホントにアウェイなのだろうか。
ひとまず、めでたい公式戦初勝利ヽ(´ー`)ノ

4-0 WIN  5位↑




08/16 Lopez ひざの負傷で全治1ヶ月


貴重な若手枠22歳のレギュラーが抜けた。
よりによって一番層の薄い中盤&若手枠の選手だけに痛い。




Primera Division A 前期 グループ1

08/18 第4節 Home   VS Soclo Agulla(5位)



前の試合から、少し連携に向上の兆しが見え始めている。
練習試合ではめったに見られなかったサイドチェンジやワンツーで崩していくプレーが出始めた。
ゴール付近まで攻め込めば相手もけっこうミスしてくれるし、なんとかなるかな。

今日はそんな相手のミス。DFのバックパスをカットしたフェルナンデスがGKと1対1を決めて先制点。
後半には、またしても相手のゴールが取り消される幸運に恵まれてまさかの連勝。

1-0 WIN  3位↑




Primera Division A 前期 グループ1

08/25 第5節 Away   VS Durango(10位)



開始早々にスローインから失点。
不運な失点を食らったものの、その後は優位に試合を進め後半には相手が1人退場。

だが、直後にFKのこぼれ球を押し込まれて2失点目。
終了間際ににRamirezのゴールで1点返すのがやっとだった。
ツキがない時はこんなものか。

1-2 LOSE  5位↓




Primera Division A 前期 グループ1

08/29 第6節 Home   VS Tapachula(24位)



唯一、ウチよりも順位予想が下のクラブ。その予想通りに最下位に沈んでいる。
前半にペレスが1対1の決定機を2回続けて外すと、向こうはクロスからあっさり得点。

後半戦は4-2-4にフォメを変更。
猛攻を浴びせ、途中出場Ramirezの2戦連続ゴールで追いつく。

1-1 DRAW  6位↓




Primera Division A 前期 グループ1

09/01 第7節 Away   VS Dorados(2位)



無敗で首位を快走する相手クラブ。
やはり実力差は歴然。1対1になったらまず止められない。
前半だけで3点くらい取られそうだったが、相手FWが見事なまでに外す。

後半は焦りからか相手もロングボールが多くなり、逆に守りやすくなった。
ポジショニングの下手な選手が多いせいかボールに人数が集中して、パス回されると簡単にフリーの選手を作っちゃうんだよなぁ。

0-0 DRAW  6位→




Primera Division A 前期 グループ1

09/08 第8節 Home   VS Coatzacoalcos(13位)



とんでもない暴力チームだった。
後半早々に左SBのDominguezが負傷させられると、5分後に交代で入ったVazquezまで負傷退場。
さらに、攻撃の中核バロンとロメロも負傷退場で失い、全く攻め手なし。

負傷した3人は全治1ヶ月。
ロメロを負傷させた相手DCがMOMだったのは殺ったもん勝ちって事なのかヽ(`Д´)ノ

0-0 DRAW  5位↑




Primera Division A 前期 グループ1

09/15 第9節 Away   VS T.Reynosa(6位)



試合自体は互角、いやウチが押していたくらいの内容だった。
だが決められない。1対1でも空の彼方へ蹴り出されたらどうしようもない。

レギュラー3人を欠いてよくやった。今日はツキが無かった

0-3 LOSE  6位↓




Primera Division A 前期 グループ1

09/22 第10節 Home   VS Pumas Morelos(20位)



ようやくLopezが復帰。これで中盤はレギュラーメンバーが揃った。
とはいえ、ロメロ、バロンの穴がでかい。2人とも若手枠の選手だけに尚更キツイ。

今日も決定力不足だったが、後半にCervantesのゴールで久々に得点。
だが、5分後に失点。その後はチャンスを生かせずじまい。

1-1 DRAW  7位↓




Primera Division A 前期 グループ1

09/29 第11節 Home   VS Tampico Madero(8位)



若手FWのバロンが不在の間、スタメン起用が続いていたRamirez。
今までチャンスに絡みながらもなかなか決められなかったが、ここに来て爆発。

前半にクロスに飛び込んで先制点を挙げると、後半も裏への飛び出しで2点目。
長い間、足踏みが続いたが、ようやく1月半ぶりの勝利。

3-0 WIN  7位→




Primera Division A 前期 グループ1

10/06 第12節 Away   VS Tapatio(11位)



バロンが復帰したが、この試合もRamirezをスタメンで起用。それに応えて先制ゴールを挙げる活躍。
だが、後半にDFラインのミスから失点。

最後はお互いに4-2-4のノーガードで打ち合う展開になったが、共に決定力を欠いて引き分け。

1-1 DRAW  7位→




Primera Division A 前期 グループ1

10/13 第13節 Home   VS Academicos(12位)



ようやくロメロも復帰。これでまたベストメンバーが揃った。
とはいえ、絶対的な選手とまで言えるような実力がある訳ではないから、今日もグダグダ。

なかなか決められなかったが、CKの混戦からMendozaが押し込みやっと先制点。
80分には、そのMendozaが決定機阻止で退場になったものの、なんとか得点は許さず。

1-0 WIN  6位↑




Primera Division A 前期 グループ1

10/20 第14節 Away   VS Tecos B(21位)



なぜかアウェイなのに圧倒的なオッズがつけられていた。
そして、内容では相手に圧倒される。

前節退場したMendozaの代役に起用したGallegosがゆるーいマークで相手FWにやられ放題。
層の薄さがモロに出てしまったなぁ。

0-1 LOSE  7位↓




Primera Division A 前期 グループ1

10/27 第15節 Home   VS Santos Laguna B(22位)



またBチームとの対戦。Mendozaも退場明けたし、もう問題はないはずだ。

前節の敗戦で目が覚めたか、今日は押し気味に試合を進め、早々にRamirezが先制点。
後半も追加点を挙げて無難に勝利。

試合後、Cervantesが腰痛を訴え3ヶ月の離脱。大事な2番手FWが消えた。

2-0 WIN  7位→



翌日、新聞に記事が出ていた。

新聞


元が降格候補だっただけに、こんな成績でもある程度の評価は得られるようだ。
この評判を聞いてメキシコ1部とかからオファー来ないかな(´ρ`)




Primera Division A 前期 グループ1

11/03 第16節 Away   VS Indios(16位)



新聞に記事が出て少し監督のモチベーションがアップした(´∀`)

それとは関係ないだろうが、今日もチームは好調。
グダグダになりながらも押し気味に試合を進め、Ramirezの2試合連続ゴールで先制。
残り時間は、フェリクスがスーパーセーブを連発。

1-0 WIN  4位↑




Primera Division A 前期 グループ1

11/10 最終節 Home   VS C.A.Hidalgo(9位)



勝てば、プレーオフ進出がほぼ確定的な最終戦。
ここまで来たら行くしかないだろ。「勝って来い!」と選手を送り出す。

23分に得点源のRamirezが負傷。やむなく若手のバロンと交代。
それでも今のウチには勢いがある。直後にCKから先制すると、代役バロンが2ゴールを決めて前半だけで3-0。

後半1点返されたものの、フェルナンデスが相手の息の根を止める芸術的ミドルでダメ押し。
ついに奇跡のプレーオフ進出ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

4-1 WIN  4位→








○プレーオフ


Primera Division A 前期 優勝決定戦 準々決勝

11/21 1stleg Home   VS Queretaro(3位)



プレーオフだからといって特別な事はなにもない。
いつも通りの4-3-3。ケガ人もなくベストメンバーで臨めた。

相手はグループ2を1位で終えたチームだけあって強い。
なんとか踏ん張っていたものの、24分にDFラインの裏をとられて失点。

このままずるずる行くかと思われたが34分にRamirezが値千金の同点弾。
残り時間はお互いのGKが好守を見せて得点を許さず。

1-1 DRAW




Primera Division A 前期 優勝決定戦 準々決勝

11/24 2ndleg Away   VS Queretaro(3位)



同点だったら、リーグ戦で勝利数の多い方が勝ち抜け。
ウチの実力ならここまで来れただけでも上出来。「のびのびとやって来い」と選手を送り出す。

さすがに、この試合は相手も気持ちの入り方が違ったらしい。ボールを持ったらドリブルでガンガン勝負を挑んでくる。
守備能力に乏しいウチのDF陣はこれに全く対応できずピンチの連続。フェリクスが再三の好守で防ぐも18分にDF2人をドリブルで抜き去った相手FWに先制点を許す。

前半はなんとか1-0で凌いで、後半へ。後半は始めから2-4-4の総攻撃フォメに変更。
徹底して前線にロングボールを放り込み続け、何度かゴール前の混戦まで持ち込んだもののあと一歩及ばず。

「よく戦った」と選手たちをねぎらってロッカールームを後にした。
降格候補と言われながら、ここまでいい勝負をしたんだから充分だろう。

0(1)-(2)1 LOSE


これで前期の日程は終了。後期開幕戦の1/12までアシマネに任せてのんびり休むか。








○Primera Division A 前期 最終順位

リーグ全体での順位  7位
リーグ順位


グループ1順位  4位
グループ1順位


まさかのプレーオフ進出。
ほぼ全ての試合が互角の内容で、上位陣と手も足も出ない程のレベルの差がないのが救いだった。
さすがに本気になられたプレーオフではお手上げ状態だったが・・・(;´Д`)




○フォーメーション

4-3-3


第2節以降は、4-3-3を主に使用した。
4バックとDMは上がらず、前の5人だけに攻撃を任せるロングボール主体の戦法。

ウチに個人技のある選手は居ないが、相手DFも能力が低いので跳ね返されてもしつこく繰り返せばチャンスは作れる。

守備陣はムチャクチャ不安定だったが、フェリクスの好守もあってギリギリの所で踏ん張り続けた。
大したジャンプ力もマーキングも無いDF陣でこれだけやれたのは不思議。



○前半戦の監督賞

フェリクス(GK)
フェリクス

守備のMVP。常に不安定なDFラインを率いながら、判断良い飛び出しと俊敏なセービングで最後の砦として抜群の存在感を発揮した。


Ramirez(ST)
Ramirez

攻撃のMVP。16戦で8ゴールの活躍。
開幕時は若手枠の兼ね合いでサブだったが、バロンが負傷欠場していた間に枠の都合がついた為にスタメン奪取。
スピードある飛び出しで後半戦はゴールを量産した。







ずーっと勝ちなしの所で止めようかと思ったが、そこから持ち直して奇跡のプレーオフ進出。
それにしても「手腕が評価」の新聞記事のタイミングは絶妙でした。
あんな記事書かれたら単純な自分は「もうちょいやったるか~」って思っちゃいます。

感心するとこずれてるかもしれんけど、よくできてんなぁFM(・∀・)



2009/02/08 22:40 | 中南米放浪編COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。