スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

真のGSGK(2010.8-9)

2010年8月18日 コパイタリア 予選1ラウンド

(A) VS Chievo(セリエA)

ついにカップ戦も上のディビジョンに。優勝チームはUEFA杯の出場権が貰えるらしい('∇')
って、いきなりセリエAのチームと当たるクジ運のなさ(´Д`)

どうやら予選は1発勝負らしくアウェーの1試合のみ。こりゃ初戦敗退か・・・(ーー;)

格上相手って事で4-4-1-1カウンターで試合開始。
相手にボールはキープされるものの決定的なパスは出させず、序盤はなんとか守れそうな感じ

34分 相手のシュートをブロックしたこぼれ球を拾われて、最後はフリーの選手に決められる

前半はなんとか0-1で終わったが、ウチのシュートは1本(ーー;)
こりゃダメだわと、4-4-2の2トップをサイドに開かせるフォメに変更。FWのスピードに賭けてみる

相手が、1点とって更に前掛かりになったこともあって、けっこう機能する4-4-2('∇')
今年獲ったスピード2トップもなかなかイイ

・・・けど、なかなかシュートまで行けない(´Д`)
サイドで受けてもクロスはほぼ相手に弾き返されるし、切れ込んでもマーカーがしつこくて決定的なシュートは撃たせてくれない

やっぱセリエAは格が違うな(ーー;)
後半は、カウンターでしょっちゅうゴール前まで行くのになかなかシュートチャンスがない

74分 カウンターでジュアンがサイド突破しエリア外にいるクローセにパス
フリーで受けたクローセが美しい放物線を描くミドルシュートΣ(゜ー゜;)

ゴーーーーーール!!

マジかー(゜▽゜;)
諦めかけてたところでまさかの同点。しかも決めたのは生え抜きのクローセ!
最高やねぇ(´∀`)

まさかの同点で、少し欲が出てきたsoーta
ややメンタルは守備寄りにしつつも前線の選手は攻撃的のままにして、カウンターで逆転を狙う

後半は、そのまま終了。中盤の選手のコンディションが軒並み70%を切っていたが、延長後半に勝負を賭けるために最後のカードは切らずに延長前半へ

延長前半も、攻めるキエーヴォに守ってカウンターのジュリアノーヴァ。FWのアウレリオが1対1止められた時はホンマにがっくしやった(´Д`)

後半からは、長身FWダニーリを投入。4-3-3にして最後の賭けに出る
・・・が、DFラインからの中途半端なクリアを拾われ、フリーの相手FWにあっさり決められる

個の力の違いか?この決定力の差は(ーー;)

ここで勝負アリ。勝ち越された途端に、緊張の糸が切れたように、ボールを繋げなくなり波状攻撃を食らいまくる
辛うじて凌いだものの延長後半は、ほとんど攻撃できんかった


Giulianova 1 - 2 Chievo
早々にカップ戦敗退。ま、今期はなんとか残留すればええよね(´Д⊂



2010年8月28日 Liga Calcio Serie B

(A) VS Ancona

開幕戦!なんと去年一緒に昇格したアンコナといきなり対戦
同期昇格としては負けるわけにはいかんな(゜ー゜;)

さあ、降格を賭けた一戦です!(実況)
どこの誰か知らんが開幕戦でそんな気の萎える事いうなぁ~(ノ ゜Д゜)ノ == ┻━┻

いきなりセリエBの洗礼?の言葉を浴びせられて、怒りの立ち上がり
霧雨というコンディションにアウェーゲームという事で、4-4-2カウンターでひたすらロングボールをラマゾッティの頭に目掛けて放り込むジュリアノーヴァ

アンコナの方も全体的にロングボール多めで、なんか中盤レスの淡白な試合運びでお互いになかなか決定機が作れない。ちょいとセーフティに行き過ぎなんかな(ーー;)
ラマゾッティはなかなかいい所にボールを落としてくれるのだが新加入の相方FWレローイとのコンビネーションがうまく行かず、セカンドボールをほとんど相手に拾われる
相手も、それほど個人技ないらしく精度の低いロングボールを放り込んでくるだけなので、大したピンチはなかった

45分 中盤から繋いでFWのレローイがサイドに流れながらキープ
DFがレローイに引き付けられてぽっかり開いた中央に走り込むMCのホヴィン
レローイからボールを返されたMCのバドラがワンタッチでスルーパス
ホヴィンはGKと1対1・・・

ゴーーーーーールヽ(´ー`)ノ

膠着状態だったが、土壇場で先制!それにしても見事な連動だった。これから良くなってきたらこんなプレイが増えるかねぇ(´∀`)

後半はややメンタルを守備的にしつつ4-4-2を継続。相手は4-2-4で反撃に出てきたが、やはりロングボールの精度が低く冷静に跳ね返してカウンターの繰り返しに
3回はGKと1対1のチャンスを作ったが、全て止められる(ーー;)
これが命取りになってしまった

86分 CKのクロスをマークの譲り合い?から相手がフリーでヘッド。まさかの同点(´Д`)
勝てると思って油断でもしていたのか、ほんとこのチームは気を抜くのが早すぎるな・・・ハーフタイムはもっとガツンと言わないとダメか

残り時間も少なかったので、もう引き分けでいいだろとフォメそのまま。アウレリオが一度、1対1のチャンスを作ったがこれも止められる


Giulianova 1 - 1 Ancona
結局、最後まで決定機を外し続けたのが響いて痛恨のドロー(ーー;)


2010年8月31日 アシマネのLuigi Zaini Melfi監督へ就任

アシマネ「監督。長い間、お世話になりました。やっと夢がかなって監督職になれます」
soーta「お、そりゃおめでとう!がんばってきてくれ」
アシマネ「はい、なにやら降格危機のチームのようで非常に心配ですが・・・」
soーta「なんだ、それなら今すぐ移籍していいぞ。早く仕事に移ったほうがいい、行って来い!」
アシマネ「ありがとうございます。監督もお達者で」
soーta(・・・ふふ、まさかそっちから出て行ってくれるとは、願ったり叶ったりよ)

・・・数時間後
soーta「ザイニの後任のアシマネがブラジル人のウィリアムに決定した」

微妙な能力なのにやたらと長期契約で困っていたアシマネがまさかの他チーム移籍(´∀`)
前から目をつけてたブラジル人アシマネを速攻で獲得。まさか、こんな形で補強できるとは・・・

あとはトップチームのコーチ陣だな(-_-;)



2010年9月1日 Liga Calcio Serie B

(H) VS Vicenza

いよいよホーム開幕戦。ヴィセンツァは昨季下位だったようでオッズはほぼ互角
フォメは今度も4-4-2。ただ2トップは昨季のラマゾッティとアンバードーベンのコンビにしてレローイは左サイドで起用してみる

前半から積極的にプレスをかけて奪ったらラマゾッティの頭へ放り込み。今までのショートパススタイルは一旦捨てて、勝つためのサッカーを展開するジュリアノーヴァ
まずは残留を決めないといけないから仕方ないのさ(ーー;)

28分 カウンターから右サイドを突破したジュアンのニアへの高速クロス
GKとDFの間に割って入ったアンバードーベンが押し込んで先制!(゜▽゜)

素晴らしい!やっぱ動き出しがいいよ、アンバードーベン。能力的には3番手位だけど、この勝負強さはイイ('∇')

32分 喜びもつかの間。PA内でバドラが相手を倒してPK。きっちり決められて同点

アタッカー役MCだけど、守備スキルがないからファール多いんだよなぁ(ーー;)

35分 右サイドからオズセリクのクロス
ニアで合わせようとしたアンバードーベンの上を越えたボールはファーでフリーのレローイの元へ
レローイは豪快ハーフボレーでゴールに突き刺す!

期待してた新加入のレローイがついに決めてくれた(´∀`)
取られたら取り返すってのはいいねぇ

前半はそのまま終了。ハーフタイムはパフォーマンスを落とすな、もう1点取るんだ!と今度は厳しく選手を送り出す

後半は、一度ワンツーからGKと1対1という決定的ピンチを作るも新守護神プジオーニがセーブ
一瞬やられたと思ったが、助かった(・・;)

まぁ、ウチは3点は決めれるチャンスがあったけども・・・外すor防がれる(ーー;)


Giulianova 2 - 1 Vicenza
嬉しいリーグ戦初勝利(´∀`)
ホームでなんとか勝つことが出来た。こういう戦いが続けられたら残留はできるかな



2010年9月4日 Liga Calcio Serie B

(A) VS Torino

トリノ・・・といえば大黒?だが、どうやらクビになっているらしくメンバーに名前ナシ
それはさておき、昇格候補らしくオッズでは圧倒的に不利。それでも、先取点さえ取れれば、と前の試合と同じ4-4-2でいく

試合が始まると、完全に相手のペース。個々の能力では全く太刀打ちできず、何度も危険なシーンを作ってしまう
だが、やられるだけではない。ボールを奪ったら素早くラマゾッティに放り込むカウンターで何度か決定機も作る

23分 カウンターから左サイド深く駆け上がったアウレリオがマイナスのクロス
中で待ってたラマゾッティが合わせて先制(´∀`)

なんと2人で点とってしまった('∇')
やっぱ、足速いサイドアタッカーはカウンターだと効くねぇ
この先制点で焦ったのか、トリノは一気に前掛かりに。まだ前半だというのに4-2-4で総攻撃を始めてジュリアノーヴァのカウンターが面白いように決まる(´∀`)

28分 1点目と全く同じ展開からクロスを弾き返されるが、こぼれ球をアウレリオが中に持ち込んでゴール

32分 今度は右サイドを突破したジュアンからラマゾッティへスルーパス
ラマゾッティが1対1を決めてゴール

立て続けにゴールを決めて3-0に。楽勝・・・(´∇`)
とか思ってたらすぐさま猛反撃に曝される

32分 3点目を決めた直後のキックオフのボールを凄いスピードで進入してきた相手FWが受ける
マークのザニョルをワンタッチでかわして最後はGKと1対1を容易く決めてゴール

やはり強い。自分も油断してたし、選手を責められんな(ーー;)
なんとか前半は1失点で凌いだが、ギリギリの戦いだった

落ち着け、集中力を切らさず守れ!ハーフタイムにもう一度檄を飛ばして後半戦へ

47分 開始直後に、またバドラがPKを献上。これで1点差(゜ー゜;)

またかいっ!思わず叫んでしまった。なにやってんだよ、毎試合PKやる気かよヽ(`Д´)ノ
すぐにバドラから守備的なベテランMCスピネールに交代。守りを固める

だが、完全に勢いに乗った相手の攻撃を全く止められない。簡単にPA内に進入を許しピンチの連続
しかし、プジオーニを中心に最後の最後はDF陣が体を張って守る

89分には、アウレリオが負傷退場。交代枠を使い切っていたため、11人対10人となったが、なんとか粘り勝ち


Giulianova 3 - 2 Torino
なんかもう勝てたのが不思議な試合。ツキが完全にウチにあったおかげだわ(ーー;)



2010年9月12日 Liga Calcio Serie B

(H) VS Rimini

前回、勝った勢いでなんとか連勝といきたいところだったが・・・

なんかもう、まとめる気にさえならない展開。一言言うなら

真のGSGK降臨

今までGSGKとか調子に乗って書いてたが、そんなレベルではないという事がよく判った
ジュリアノーヴァのシュート37本内枠内14本全てを防ぎきった現人神の相手GKに負けた


Giulianova 0 - 0 Rimini
カウンターから数え切れないくらいの1対1を全て止められる
もう笑うしかなかったのは、ニアでGKが弾いたボールをウチの選手がファーに撃ったら瞬間移動としか思えんスピードで弾き出されたシーン
お前は少林サッカーか!!(ノ ゜Д゜)ノ == ┻━┻



2010年9月18日 Liga Calcio Serie B

(A) VS Piacenza

また昇格候補の相手らしい。オッズでは圧倒的不利
今日も4-4-2でなんとかカウンターで勝機を窺う

前のトリノ線と同じように、試合が始まったらまったく相手にならないジュリアノーヴァ
個人技で圧倒され、何本もシュートを浴びせられる。前半は辛うじて無失点に抑えることができた

後半からは2トップ以外は守りに専念させ、俊足2トップにしてなんとかカウンターでのゴールを狙う

47分、54分と、立て続けにレローイがGKと1対1のチャンスを作るが両方外す(´Д`)

58分 中盤でのパスミスから相手が独走。最後はPA外からキャノンシュートを叩き込まれてついに失点
なんなんだ、相手のこの決定力は・・・(´Д⊂

先制されてしまった事で、後半からのスピード2トップ作戦が完全に裏目に出る
引いて守られ、走り込むスペースがなくなり全く持ち味を活かせない

上背もない為、苦し紛れに放り込むクロスは全て跳ね返され、逆にカウンターを食らう(ーー;)
80分過ぎからはダニーリを投入するも効果的な攻撃は仕掛けられなかった


Giulianova 0 - 1 Piacenza
なんか最近、GKと1対1になっても全く入る気がしないぜ~┐(´∀`)┌

さらに中盤のデノウンが試合中の負傷で全治2週~1ヶ月。
同時にGKのスミスが腰のケガで全治2ヶ月~3ヶ月。プジオーニが居なかったらエライ事になってたな

けど、なんで今日の試合でサブメンに入ってたのに練習中に負傷できるんだよヽ(`Д´)ノ
試合後、居残り練習でもしてたってのか??

なんか試合以外で腹が立ったから、PK取ってくれなかった審判批判したらベンチ入り禁止処分食らったぜ~~(´∇`)

・・・なにやってんだ、オレは_(._.)_



2010年9月25日 Liga Calcio Serie B

(H) VS Lecce

お世話になったレッチェ様との一戦。だが、ベンチ入り禁止のsoーtaはスタンドから観戦(ーー;)
スタメンだけは決めさせてもらえたから、思い切って4-4-1-1のディフェンス仕様のフォメにした
後は頼むぞ、なんとか勝ってくれ・・・

試合開始後は、意外にもジュリアノーヴァペースで試合が進む
15分過ぎまでに2回GKと1対1のチャンスがあったが、そこで予想通り止められてしまったのが痛かった

徐々にジュリアノーヴァのフォメに対応してきた相手に押し返され、途中からは完全にレッチェペースに
相手のシュート精度の低さにも救われて前半はなんとかスコアレスで終わる

ハーフタイムだが、見ているしかできない。なんとももどかしいなか後半開始

後半も相手のペースは変わらず。ジュリアノーヴァの方は引き分け狙い?に変更したのかショートパスをちんたら回して時間を使っている
違うだろ~、カウンター狙える時は一気に前に出せよ!!ヽ(`Д´)ノ
・・・と言ってもどうしようもないのだが、なんとも苛立たしい

攻めるレッチェと凌いでは半端なパス回しから一向にシュートに結びつかないジュリアノーヴァの構図はロスタイムまで続いた

91分 左サイドからのFKを頭で合わせられて最後最後で失点
当然、取り返せるはずもなくそのまま終了


Giulianova 0 - 1 Lecce
やはりウチの力は降格圏程度でしかないのか(-_-;)
FW陣の爆発を求む・・・



2010年9月28日 Liga Calcio Serie B

(H) VS Ascoli

お世話になったクラブ戦第2弾でアスコリとの一戦。更に去年ウチから移籍したフェルナンデスもレギュラーで活躍しているようで楽しみやな(´∀`)

フォメは前回もそこそこは安定していた4-4-1-1に。中2日で疲れている選手は入れ替えてコンディションのいい選手を優先的に使う
去年までなら、こんな入れ替えたら戦力半減だったが、選手層が増した今期はほぼ同じ能力の選手が控えにいる(´∀`)

コンディションで上回るおかげか、オッズは圧倒的不利ながらほぼ互角の試合内容を見せる

17分 ハーフェイライン辺りでクリアボールを拾ったバドラがドリブル開始
1トップのラマゾッティに相手DFが引き付けられた隙をついて一気に抜け出す
更にはGKまでかわして最後は無人のゴールへシュート

ゴーーーーール(゜▽゜)

凄いプレーやった。PK献上しまくってからスタメン外してたが考えなおさにゃダメかね(ーー;)
久々のゴールでジュリアノーヴァが勢いを取り戻し、前半はほぼ互角のまま終了

後半も同じような展開。必死で守り、75分に快速FWのアウレリオをラマゾッティに替えて1トップの位置へ

79分 相手DFを背負いながらボールを受けたアウレリオ
華麗な反転でDFと体を入れ替え、ミドルシュート

ゴーーーーーール(´∀`)

う~む、決まる時はこうも決まるもんかねぇ・・・
2点とって余裕が出来ると後は安心して見れた。久々に落ち着いて試合終了の笛が聴けたか


Giulianova 2 - 0 Ancona
格上相手にまさかの勝利。こういうのを積み重ねていけば残留に近づけるかな(´∀`)

2008/03/19 00:03 | イタリア成り上がり編COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。