FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

奇跡再び?

2016.1~

UEFA杯で見事決勝トーナメント進出。リーグでも6位とまずまずの調子。
なんとか今の調子で最後まで・・・。

と思ってたら、いきなりアクシデント。

1/7 コスティ(GK) 練習中に足首ねんざ(全治1ヶ月)

ちょ、ウチで一番のキープレーヤなのに勘弁してくれ(つД`)
UEFA杯1回戦には間に合いそうなのがせめてもの救いか。


移籍状況
IN


Arturo Vidal  D LC/28歳/181cm/77kg  8.25億 Villarrealより

ヴィリャレアルで干されてました・・・。この能力で?(゜ー゜;)
ウチでは普通にDFの要に。適応力も高いらしく1ヶ月でイタリア語の日常会話をマスター。

Marcelo Medina  DR/24歳/175cm/73kg  6億 Xerezより

6億だしてまで獲る必要はなかったかもしれない。
でも、現レギュラーのペドリーニョがグダグダすぎて思わず獲得。

Jiri Musil  DM/16歳/177cm/75kg  500万 Brnoより

セリエAの一流選手になれる素質があるらしいので・・・。またチェコから強奪(´∀`)

最近、不安になりつつあったサイドバックの選手を補強。
ちょっと無駄遣いな気もするけど、UEFA杯で貯金が増えてるので問題ナシのはず。

あとはまたチェコの若手を強奪。なんかチェコの15,6歳って良い選手がめちゃ多いような気がする。
FW?まぁなんとかなるでしょ・・・。



1-2月のセリエAリーグ戦結果

01/17 第15節 H DRAW 1 - 1 Napoli  詳細

01/24 第16節 A DRAW 0 - 0 Cesena  詳細

01/31 第17節 H WIN! 3 - 1 Catania  詳細

02/07 第18節 A DRAW 3 - 3 Chievo  詳細

02/14 第19節 A LOSE 2 - 3 Roma  詳細

02/21 第20節 H LOSE 2 - 3 Juventus  詳細

02/28 第21節 A LOSE 0 - 2 A.C.Milan  詳細


う~む、ここに来てやや停滞気味(-_-;)
下位&中位には勝ちきれず、上位には力負けというお約束の展開。

特に最後の強豪3連戦はUEFA杯1回戦と重なるという最悪の日程に・・・。
でも、控え中心の方がパスワークが良かったりしていい勝負だった。
せめて勝ち点1でも獲りたかったなぁ(´Д⊂

攻撃陣はここに来てエースのヴラコが大ブレーキ。7試合で2点しか挙げていない(´Д`)
代わりに意外な?活躍を見せているのがRocha。なんとローマ、ユベントス戦で2ゴールずつを挙げるなど、出場したらほぼゴールを決めている。
アンゴラ出身21歳、怖いもの知らずパワーか?また楽しみな選手が増えた(´∀`)

守備陣は相変わらずグダグダ・・・。
15~17節までゴールを守ったベテランGK Rosatiは思った以上の好守を見せてくれた。
その後、復帰したコスティにあっさり代えたのが失敗だったのか、4試合で11失点(゜▽゜;)

もう何が悪くてこんな失点繰り返すのか、段々分からなくなってきた(。_。)
一応まだ7位にはつけているから、なんとか踏ん張らねば(-_-;)



コパイタリア

第1戦で1-4の大敗を喫し、2回戦進出は絶望的。
次はホームとはいえ、さすがにムリだろ・・・と控えメンバーを中心にスタメンを組んだ。

01/20 H LOSE 3 (4)-(5) 1 Juventus 詳細

ホームでユヴェントスを圧倒するも1点及ばず。
毎度毎度・・・なんでホームだとこうも強いのか(´Д`)
あと少しで同点だったのになぁ。しかし、どうせ勝つならリーグ戦で勝ってくれ(。_。)

これでコパイタリアは終了。あとはリーグとUEFA杯に集中するのみ。



UEFA杯

奇跡のグループステージ突破を成し遂げ、初出場にして1回戦に進出。
だが、次にウチの前に立ちはだかるのはプレミアの強豪、トッテナム(゜ー゜;)


02/18 UEFA杯 決勝トーナメント1回戦 Home VS Tottenham

トッテナム・ホットスパー・フットボール・クラブ(Tottenham Hotspur Football Club、愛称はSpurs)は、イングランド・ロンドンに本拠地を置くサッカークラブチーム。スパーズまたはトットナム、トテナムと表記されることもある。チーム名の「ホットスパー」は第二代ノーサンバランド伯爵ヘンリー・パーシー卿(「向こう見ずのヘンリー(Henry Hotspur)」のあだ名を持つ勇猛な武人だった)に由来する。
現在はイングランドプレミアリーグに所属し、2005年/2006年シーズンはチャンピオンズリーグ出場まで後一歩のところで踏みとどまり、惜しくも5位。2003年に戸田和幸も在籍していた。
同じロンドンを本拠地とするアーセナルやチェルシーを強くライバル視している。特にアーセナルとの試合は「ノース・ロンドン・ダービー」と呼ばれ、マンチェスター・ダービー、マージーサイド・ダービーと並び3大ダービーの中の一つに数えられている。
wikipediaより

だそうです。ウチのFM世界では毎年のように優勝争いに加わるなど上位を維持しています。
負けて当然、その気楽さでなんとか勝利を!

スタメン紹介
Giulianova


GK コスティ
コスティ

DC カルロス
Matheu

DC ガシオール
ガシオール

DR Omer Ozcelik
Ozcelik

DL Arturo Vidal
Vidal

MC サール
Sarr

MC Jan Vertonghen
Vertonghen

MC Oscar Vega
Vega

MR Urko
Urko

ML ゲオルゲスク
Georgescu

FC ヴラコ
ヴラコ

今季のベストメンバー、直前のRoma戦をほぼサブで戦ったのでコンディションも万全。
ホームでなんとか勝利を!いつも通りカウンター型4-5-1で勝ちに行く。
今更ながら、スタメンにイタリア人ゼロってヒドイな(゜ー゜;)


Tottenham
要注意選手


GK Preston Edwards
Edwards

ウチのコスティにも劣らぬGKです。これで26歳とは・・・

DC Younes Kaboul
kaboul


こ、このDFは反則。高さ、強さ、テクニック、メンタル全て兼ね備えた脅威のDFリーダー。

MC Riccardo Montolivo
Montolivo

素晴らしいパスセンスとテクニックを持つMF。

FC Ton Verhaegen
Verhaegen

スピードとテクニックを兼ね備えた危険なFW。

FC Jose Baxter
Baxter

高さ、強さ、テクニックを併せ持つFW。メンタルがイマイチだが、当たりの日に来たらやられそう。


Tottenhamはフラットの4-4-2。中盤のMC2人はテクニックに優れているが、フィジカルはそれほど強くない。

中盤で相手MCを確実に潰すべく、プレス&タックル強めを指示。
相手のサイドバックにスピードがないので、ボールを奪ったらサイドハーフをDFの裏に走らせる作戦。

VS Tottenham

試合開始
やはりホーム力か。序盤からペースを握ったのはジュリアノーヴァ。
6分にPA付近のスローインから細かく繋いで最後はVegaが流し込んで先制点。

だがここからが続かない。徐々にウチのプレスに慣れてきた相手の中盤にテクニックで翻弄され、次々とピンチを招く。
何度もやられたと思ったが、コスティが素晴らしい守りを見せ、なんとかゴールは割らせない。

43分、中盤までロングボールを競りに行ったDCガシオールがまさかの競り負け(゜▽゜;)
ガシオールがマークをほっぽり出したフリーのFWに独走されて失点。

MCのサール居たのに、なんでそんなムチャして競りに行くんだよ・・・(-_-)

so-ta「なんとしても勝て!(勝てる)」

後半戦はお互いにチャンスは作るが、決めきれない。
ウチもアウェイゴールをこれ以上許すわけには行かないので、特にフォメ変更はせず。
相手の中盤の華麗なボールキープに苦しみながらも最後の所は体を張って必死に守る。

84分には、ロポタンミドル→Vegaこぼれ球シュート→さらにアウレリオこぼれ球シュート
・・・と、ゴール前でシュート3連発を全て弾かれる決定力の無さ(。_。)

92分には相手のLennonがフリーで抜け出すが、ループは枠を外して助かる。

結局、決め手を欠いたまま終了。
ホームで勝てず、しかもアウェイゴールまで奪われるという痛恨の結果に。
ヴラコが相変わらず不発なのが痛い、今日は相手のKaboulに完璧に抑え込まれてしまった

DRAW Giulianova 1 - 1 Tottenham 詳細

あ、そういえば日本代表のナカタニは81分から登場。
決定機を演出するまでは行かなくてウチとしては助かりました(゜ー゜;)



02/25 UEFA杯 決勝トーナメント1回戦 Away VS Tottenham

前回は1-1ドロー。ホームでリードを奪えず、アウェイゴールまで奪われる結果に終わったが・・・。
ま、2点獲ってしまえばこっちが断然有利って事だな、前向きに行こう(´∀`)

ウチは前回と同じスタメン。またまた直前のユヴェントス戦をサブで戦ってコンディションは万全。
対するスパーズの方はスタメン数人が入れ替わり、コンディションも90%に満たない選手が数人居たりとローテがうまくいってない様子。
これは付け入る隙がありそうやな・・・。

FWに円熟の境地に達したキースリンクが!(゜Д゜)
代表32試合21ゴールって凄いな、でも出場数なんか少ないような・・・

キースリンク


VS Tottenham

試合開始
立ち上がりから猛攻を浴びる、相手サイドバックが積極的な攻撃参加を見せて何本もクロスを上げられる。
ウチは弾き返すので精一杯という展開だったが、カウンターでのワンチャンスを逃さなかった。

29分、中盤でボールを奪うとVegaが巧みなボールキープでDFを引き付けてヴラコにラストパス
フリーで抜け出したヴラコが落ち着いてゴールに流し込んで先制

久々にやってくれたなぁ、いよいよエース復活か?(´∀`)
これでウチが1点リード。少し余裕が出てきたか相手を押し込む時間が続く。

けど、こういう時こそ気の緩みというのが一番怖い訳で・・・。
41分にカルロスがロングボールの目測を誤り、Lennonが独走。スピード18の相手に誰一人付いて行けず同点弾を許す。

so-ta「この試合、なんとしても勝て!(勝てる)」

後半はコンディションの差か、明らかに相手は運動量が低下。ウチが完全にボールを支配する。
まさかアウェイでこんな試合展開が見れるとは(゜▽゜;)

そして、62分。ヴラコと競り合ったKaboulが負傷退場。相手のDFの要が居なくなった(´∀`)
ここから相手はなんと4-3-3にフォメを変更し、撃ち合いを挑んでくる。

上等、どっちが先に決めるか勝負ヽ(`Д´)ノ
ウチもあえて守備的フォメには変えず、受けて立つ。今の勢いならいける筈だ。

67分には、コスティが弾いたボールがゴール前にこぼれ、あわやというシーンもここはガシオールがクリア。
逆に73分にUrkoの放ったシュートが相手GKの手を弾いてゴールに吸い込まれそうな所で、相手DFが水際クリア。

お互いにチャンスを作りながらも決められず、試合は延長戦へ。
ここでヴラコに代えて、とっておきの切り札Rocha、更にゲオルゲスクに代えてアウレリオを投入。
スピードとテクニックに優れた選手を前線に並べて勝負に出る。

延長戦になると、完全に足が止まった相手を横目にウチはフレッシュな前線の選手を使って何度も決定機を作る。
だが、この日大当たりの相手GKがスーパーセーブを連発。

PK戦を覚悟して、順番を考え始めた114分。
左CKにニアで飛び込んだRochaのヘディングシュート・・・


ゴーーーーーール!!


土壇場で勝ち越しキターーーーーーー(゜▽゜)
ホントに凄い。この勝負強さはなんなんだ。なにかやってくれる奴だぜ(´∀`)

ついに勝ち越し。しかもアウェイゴールが適用されるので、同点でもウチの勝ち!
同じ事が選手たちの頭をよぎったか、相手は捨て身の攻撃を仕掛けるでもなく、淡々と時間が過ぎ試合終了のホイッスル。

無名のチームに敗れたスパーズへのブーイングが鳴り響く会場で喜びを爆発させるGiulianovaイレブン。
・・・・・・ホントに実力の読めない奴らだぜ!(つД`)

WIN! Giulianova 2 (3)-(2) 1 Tottenham 詳細

最後はコンディションの差にものを言わせて勝利ヽ(´ー`)ノ
前半こそ押される時間が長かったが、後半から延長戦はたまにカウンターを食らう程度で、ほぼウチが攻撃するという一方的な試合になった。
明らかに相手のペース配分ミス。ウチって相当舐められてたっぽいですな(-_-メ)
さてさて、この快進撃はどこまで続くのか。

1回戦その他結果

UEFA杯1回戦結果

今更ながら、なんでバルセロナ、チェルシー、アーセナル、バイエルンがUEFA杯に出てるのか。



UEFA杯 決勝トーナメント2回戦 対戦相手確定

1回戦は同日開催だったので、すぐ次の相手が決定。
注目の2回戦の相手は・・・Stade Rennais FC

えーっと読めん(-_-;)フランスのチームって事はすぐ分かったが(゜ー゜;)
ググって確認。あ、レンヌって読むのか。強豪だけど、トッテナムほどではないような気がする。
油断せず、次も勝利を!



リーグでは正念場を迎えているものの、UEFA杯ではまさかの1回戦突破。
少しずつ日程に余裕も出てきたし、なんとか更に上を目指して行きたい。

まずは、打倒レンヌだヽ(`Д´)ノ

2008/08/19 00:31 | イタリア成り上がり編COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

おお!

トッテナムを破った!!
(・∀・)チゴイネ!

戦力もどんどん充実していってますし、欧州の舞台でも十分にやれますね。レンヌなら倒せない相手じゃないですし。

ってか、ヴィダル羨ましい。。。
( ゚ρ゚ )アゥー

うちの箱庭では、ドイツで一線級の活躍を見せてますが、まさか干されているなんて。
( ゚Д゚)

あとはイタリア人が欲しいですね。私のセヴィージャもスペイン人が少ないので、そろそろ考えないと。。。

No:47 2008/08/19 11:59 | 暁 空也 #- URL [ 編集 ]

掘り出し物

Vidalはまさにそんな感じでしたね。
起用不満を訴えていたとこをオファーかけたんですが、評価額以下で譲ってもらえるとは思いませんでした。
やぱこれだけ能力あったら普通は使いますよねぇ(´∀`)

イタリア人は増やしたいですね。今のスタメンだと、どこの国のリーグか分かりませんし(゜▽゜;)

冬の移籍期間もホントはイタリア人を探してたんですが、西欧系はみんな高いんですよね~。
ウチみたいに貧乏だと、どうしても東欧や南米系に偏ってしまいます(-_-;)

No:48 2008/08/19 22:28 | soーta #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。