FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ラストスパート

2017.3~

残すはリーグ戦のみとなってしまった。
こうなったら目指すはCL出場権のみ。リーグ戦に全力をあげる


3月


セリエAリーグ戦

03/01  第25節 H WIN Giulianova 3 - 1 Reggina 5位→ 詳細


03/05  第26節 A WIN Giulianova 2 - 0 Piacenza 5位→ 詳細


03/12  第27節 H WIN Giulianova 3 - 1 Roma 5位→ 詳細


03/19  第28節 A WIN Giulianova 2 - 1 Genoa 4位↑ 詳細


連勝街道突入キターーヽ(´ー`)ノ
ここに来て、パスワークが格段に向上しているのを再確認。中盤でのワンタッチ、ツータッチでの素早いパス回しから相手の隙を突いて繰り出されるスルーパスにきっちり合わせてくれるRoeferlsenの存在も大きいのかもしれない。

27節では6位に迫っていたローマを撃破。28節では出会い頭に失点するも終盤に逆転勝利!
今の勢いなら行けるぞ。覚悟しとけよミランヽ(`Д´)ノ




セリエAリーグ戦

03/22  第29節 Away VS A.C.Milan 

リーグ4連覇中。今季も首位を快走するミラン。
ウチとの勝ち点差は12で、ここで勝ったとしても番狂わせの可能性はほぼゼロだが、すぐ下の5位に勝ち点2差でインテルがいる以上、ウチは負ける訳にはいかない。


試合開始
1分、いきなり相手タックルでRoefelsenが負傷退場(全治1週間)

あ~、ウチの一番頼りになるFWが消えた(´Д`)
とりあえず、代わりはスピード系FWのUrkoを投入。


序盤はミランの攻撃陣に圧倒され、完全に押し込まれる。
何度かあったピンチはコスティが好守でゴールを許さず、ウチも徐々にカウンターが機能し始める。


22分、DFラインからのロングボールを拾ったUrkoが中のバラジテにパス

フリーで待っていたバラジテの強烈なミドル・・・


(実況)Ustari止めたーー!


あぁ~、決まれば超ミドル炸裂だったのに。相変わらず超人的反応をしやがる(´Д`)


28分、DCの隙間に走りこんだUrkoに絶妙のパスが渡るが、シュートは枠の上

やはりUrkoではダメなのか・・・。


40分、CKからゴール前での混戦になり、最後はRossiに押し込まれて失点

絶対止められない失点パターンNo.1な気がする。CK→ゴール前ごちゃごちゃ→相手の足元
それはともかくとして先に失点は痛すぎるな(-_-;)


HT so-ta「ミラン相手だからって遠慮するな、もっと攻めていけ」



58分、相手DFからボールを奪ったゲオルゲスクが美しい弧を描くミドルシュート


ゴーーーーール


超ミドルキターーヽ(´ー`)ノ
キープ力に期待してFW起用したゲオルゲスクが期待に応えるビューティフルゴール。
まだまだやれんぞ~ヽ(`Д´)ノ


64分、フリーでボールを受けたRossiがゴールを決めたがオフサイド

ミランの方々は怒ってたが、どう見てもオフサイドですな(`∀´)


70分、クロスに走りこんだVertonghenが倒されてPKをゲット


(実況)蹴るのはサール。短い助走から・・・・・・ゴーーーーーール


逆転!!ヽ(´ー`)ノ
今日のレフリーはウチの味方のようだ。


残り20分、なんとしても守りきるべくフォメを4-1-4-1に変更。
相手のサイドプレーヤにマンマークをつけてDCとMCにはプレス指示。
あと少し耐えてくれ(-人-)


81分、CKからのヘッドをコスティが弾いたボールがMikelの足元に・・・で失点

またまた止められない失点パターンで同点。
ウチにツキがあるんだかないんだか・・・(´Д`)


こうなったら点をとりに行くしかないだろ。切り札の攻撃フォメ2-3-2-1-2に変更。勝ち越し点を奪いに行く
ホームで引き分け狙いなんてつまらない戦いはしないぜ(´∀`)


89分、また相手DFからボールを奪ったゲオルゲスク

(実況)ゲオルゲスク、相手DFを抜き去り角度のない所からシュート



ゴーーーーーーーーール



今日はゲオルゲスクの日だな。
昨季もUEFA杯で劇的シュートを決めてるし、何かを持ってる選手だ(´∀`)


WIN Giulianova 3 - 2 A.C.Milan 4位→ 詳細

ツキもあったが、実力でも充分に渡り合えていた。
この力を安定して出せるようになれば、優勝争いだって出来るはず。
・・・てのは調子に乗りすぎかな(゜ー゜;)



今月はなんと全勝('∇')
セリエAに上がってこんな連勝するのは初めてな気がする。

順位表

ついに4位に浮上。とはいえ、上位陣に失速の兆しもなくインテルもすぐ足元に居る。
ウチは残り試合でLazioと当たる以外は全て中位~下位クラブとの対戦。
ここに来て素晴らしい連携を見せ始めている4-1-2-1-2フォメが苦手の下位相手でも機能するか、がカギになりそう。






4月


セリエAリーグ戦

04/02  第30節 A WIN Giulianova 2 - 1 Torino 4位→ 詳細


04/09  第31節 H WIN Giulianova 2 - 1 Chievo 4位→ 詳細


04/16  第32節 A WIN Giulianova 4 - 1 Catania 2位↑ 詳細


04/19  第33節 H WIN Giulianova 4 - 1 Livorno 2位→ 詳細


04/23  第34節 H DRAW Giulianova 1 - 1 Cesena 4位↓ 詳細


04/30  第35節 A WIN Giulianova 3 - 1 Bologna 3位↑ 詳細


まさに絶好調。快進撃は止まらないヽ(´ー`)ノ
・・・けど、チェゼーナ戦のドローが痛すぎる。終了間際にパスミスから失点する痛恨のミス。
あれを勝ってりゃ11連勝だったのになぁ。

ここまでチームを牽引したのは新加入のRoelofsen。
元々のウチのFW陣とは別格の決定力を見せ、19試合で17ゴール4アシストという信じられないほどの大活躍。
これほどとは・・・20億の価値はあったかもなぁ(´∀`)

順位表

ついに、ついに3位にまで上り詰めた(つД`)
ウチが上位陣を引っ掻き回したせいで、ここに来て2強のミラン、ユベントスが失速。
そしてウチにぴったりと付いてきたラツィオとインテルもすぐ後ろに控えている。

スクデッドの行方は!?ウチは初のCL出場権獲得なるか!?
残り3試合。全部勝ってやんぞ~ヽ(`Д´)ノ






5月


セリエAリーグ戦

05/07  第36節 H WIN Giulianova 2 - 0 Ascoli 3位→ 詳細


05/14  第37節 Away VS Lazio 

勝ち点2差の4位につけるラツィオとの対戦。
実力では当然劣るが、ラツィオは3日前コパイタリア準決勝を戦ったばかりでコンディションではウチが有利。

コスティ

試合前に優勝する為に勝つぞ、と檄を飛ばすコスティ。
残り2試合で勝ち点差6。ま、ウチが連勝できてもミランが2連敗するとは思えんので可能性はほぼゼロだが(゜ー゜;)

それでも、単純なウチの選手達は「タイトル獲得の為に全力で戦う」とすっかりその気に。
ここまで来たら行けるとこまで行ってくれ~。


試合開始
・・・檄飛ばさない方が良かったんじゃないのか?(-_-メ)
序盤からウチはガチガチ。ラツィオの鋭い出足のプレスにいとも簡単に引っ掛かりパスミスを連発。
どうやら弱いチームの選手らには変に意識を持たせない方がいいようですな。


17分、スルーパスを受けたCavaniにItouaが中途半端なディフェンスでミドルを許して失点

21分、DFラインでのボール回しをCavaniに奪われて2失点目

まるで金縛りにでもあったかのようにCavaniに突破されまくるDF陣。体を寄せるでもなくコースを切るでもなく中途半端なとこに突っ立っては突破かミドルを許すというダメっぷり。


45分、スルーパスを受けたCavaniがDF3人を一瞬で置き去りにして決める、3失点目


HT so-ta「勝て。これ以上、無様なプレーをした奴は即交代だ」


46分、ヴィダルがCavaniにボールを奪われて4失点目


気前のいいウチのDF陣だったが、4失点でようやく目が醒めたらしい。ここから普段の粘りを取り戻し、追加点は許さない。
ヘタレ共め、遅すぎんぞヽ(`Д´)ノ


73分、FKのこぼれ球をRoelofsenが押し込んでようやく1点返す

83分、DFラインの裏に抜け出したRoelofsenが1対1を決めて2点目

遅ればせながらRoelofsenの個人技でなんとか面目は保つことが出来たか。


LOSE Giulianova 2 - 4 Lazio 4位↓ 詳細

快進撃は、下位と連続で当たった幸運で続いただけですな(´Д`)
これが本当の実力。ウチに優勝争いなんてまだまだ早いわ・・・。

相手GKに神様降臨でなければ。もちっと打ち合いのいい試合ができたろうに。
後半なんてほとんどウチのペースだったのに。どうしょうもないな(つД`)




05/21  最終節 H WIN Giulianova 3 - 0 Sampdoria 3位↑ 詳細


順位表

結局、最後は3位でフィニッシュとなりました。
ウチに快勝したラツィオは最終戦でアスコリに敗れるという失態でCL出場権を逃し、インテルが滑り込みでCL出場権を獲得。

一時は首位と勝ち点6差にまで迫ったものの、そこが限界だった。
まぁ、来季は夢にまで見たCLの舞台に立てる訳だし上出来かな('∇')






セリエA各賞発表

Oscar del Calcio

MVP: Nabil Roelofsen  Giulianova

MVP

驚異的な活躍を記録したロエロフセンがMVPを獲得。
当然、ウチからは初選出。彼の活躍あっての快進撃とはいえレート7.82は脅威的。


Best Defender: Micah Richards  A.C.Milan

Best Diffender

ウチのヴィダルが2位に入りました。
たぶん、セットプレイのターゲットでゴール数が多かったからだろうなぁ。


Best Goalkeeper: Oscar Ustari  A.C.Milan

Best GK

こちらも居並ぶ世界最高峰のGK陣に並んでコスティが3位に。
今季は強豪戦で好守連発してくれたし、昨季とは比べ物にならん安定感だった。






その他ニュース


UEFA杯

05/17  決勝  Roma 4 - 1 Sevilla 

UEFA

リーグで低迷していたローマですがこっちを優先していたせいなのか?
リバプール、バレンシアと次々に強豪を薙ぎ倒して優勝。リーグでこの強さが発揮されなくて良かった。



UEFA Champions League

05/24  決勝  Celta 1 - 2 Lyonnais 

CL 決勝

チャンピオンズリーグではリヨンが2連覇。
他の金満クラブを相手にこの健闘は素晴らしい。監督が優秀なのだろうか?



今季はいろいろと勉強になったシーズンでした。
戦術についてあんまり深く考えてなかったけど、考え出すとなかなか面白い。
どんどん深みへとハマって行ってるような気もしますが。

実際、今季はwataoniさん式4-1-2-1-2をメインで使った結果が、最高順位の3位だった訳で。
これを参考に、自分なりの強い戦術を編み出していかねば。

2008/09/17 23:07 | イタリア成り上がり編COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。