スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

GSGK降臨

2019.4~


いよいよCLも大詰め。強敵レアルとの一戦に挑む。



UEFA Champions League


04/24 準決勝 1stleg Away  VS R.Madrid


ついにここまで・・・。まさかレアルと戦う日が来るとは(゜ー゜;)

スカウトレポを見たら3日前にクラシコでバルサに勝利してんじゃないか(;´Д`)
これは、士気が上がって脅威なのか、一息ついた隙を衝けるか、どっちに転ぶのやら。


Francesk Fabregas
セスク

円熟の境地に達したセスク。
彼の創造性溢れるパスを阻止できるか・・・。


Sergio Aguero
アグエロ

老獪なストライカーとなったアグエロ
三十路に達してもスピードは健在。セスク&アグエロのコンビなんて止めれるのか((((;゚Д゚)))


Giovani dos Santos
ドスサントス

リアルではトッテナムに移籍したドスサントスがレアルに。
少し積極性に乏しいのがマイナス点か。でも他には隙の無い能力(;´Д`)

フォメ

レアルは4-4-2。
あら、ドスサントスはベンチスタートか・・・。
アグエロと2トップを組むBeckmanは190cmの長身にスピードもある嫌なタイプか(-_-;)

ウチはミラン戦と同じく4-1-4-1。
両サイドハーフに突破力のある選手を起用。1トップにはCL限定エースのコーダ。
GKのレオはこないだまでリーガで戦ってた相手だし、特徴分かってるだろう(1月にセビージャから移籍)

so-ta「全力でぶつかれ!」(幸運を祈る)


序盤からお互いの持ち味を発揮する両チーム。

2分。
細かいパスワークから中盤のAndreevにフリーでミドルを許すもレオが好セーブ。


4分。
コーダがDFを引き付けたところで中盤のルジエロがカーブをかけて狙うがAdanも負けじとセーブ。


最初の1発はうまくパスが繋がったがその後は徐々にレアルのプレッシャーに飲み込まれていく。
素早いパス回しに翻弄され、少しずつマークがずれた所をセスクの必殺スルーパスに狙われる。
(((( ;゚д゚)))コエェェ

だが、最後の砦レオが素晴らしい反応を見せる。
DFの裏を狙うパスは鋭い飛び出しでシュートを許さず、ミドルは超反応で弾き出す。
これはGSGKのスイッチ入ったか( ̄ー ̄)


レアルのパス回しにも徐々に対応し始め、ウチもコーダに何本かスルーパスが通り始めた中盤戦。

29分。
サイドに開いたコーダがルジエロとのワンツーでDFライン裏に抜け出す。

GKと1対1で、豪快に振りぬいたシュート



ゴーーーーーーーールヽ(≧□≦)人(≧∀≦)人(≧▽≦)人



ワンチャンスを逃さず決めてくれた。CLではなんでこんな決めるんだコーダ(´∀`)
と思いつつスローで見たらオフサイドっぽい(;´Д`)
ま、レフリーが認めたからゴールだ!

これで勢いに乗ったジュリアノーヴァは前半戦の残り時間レアルを自陣に押し込み、追加点を狙う。

44分。
今度はDCの間をすり抜けたコーダが再びGKと1対1・・・



枠の横だー!(´Д`)



こういうのを決めないとアカンてば・・・。


前半は1点リードで折り返す。
こりゃ、後半はレアルの猛攻食らうパターンだな(-_-;)

予想通り、負けられないレアルが意地をかけて攻め込んでくる。

しかし、後半戦もレオの超反応は健在。
DF陣も普段の腑抜けっぷりが信じられない集中力で相手に食らいつく。


67分。
スルーパスに抜け出たBatuhanがフリーでシュート・・・・・・レオ なんとかコースを変えた!


76分。
CKに飛び込んだBatuhanのヘディングシュート・・・・・・枠の上だ!


82分。
スルーパスに抜け出したRodriguessがシュート態勢・・・・・・飛び込んだカハイスがブロック!


87分。
セスクのスルーパスに抜け出たBatuhanのシュート・・・・・・枠の横だ!


90分。
DF陣の隙を衝いてドリブルで持ち込んだセスクのシュート・・・・・・アンジェリーニがブロック!


93分。
中盤からRodriguessの苦し紛れのミドル・・・・・・レオ 難なくキャッチ!

結果
1-0 WIN  

試合後、歓喜の輪を作り喜びを分かち合う選手たち。気持ちのこもったいいゲームだった('∇')
なんでリーグ戦でこれができないかねぇ。




Lega Calcio Serie A


04/27 第35節 Away  VS Lazio
 

3日後のレアル戦のため、この日も主力を温存。

開始早々にFKから失点。
後半は猛攻をかけるも相手GKの超セーブ連発に合い、ゴールが挙げられず。


0-1 LOSE  5位→

ここで負けとけば、次のレアル戦でもツキがあるだろう(゚Д゚)y─┛~~
  



UEFA Champions League


04/30 準決勝 2ndleg Home  VS R.Madrid


前回アウェイでは辛うじて勝利したが、今回はレアルも最初から全力で来るだろうなぁ(;´Д`)

悩んだ末にフォメは4-3-3を選択。
だが、試合前のラインナップを見て愕然。


フォメ

レアルは最初から4トップだと??Σ(゚Д゚;
しかも直前のリーグ戦でアグエロが負傷したらしく、STは190cm以上のツインタワーだし。

これを見て土壇場でもっかい悩んだものの、最後は打ち合い上等ヽ(`Д´)ノ
ってことで、まずは4-3-3で点を取る!


やはり今日のレアルは本気だ。
サイドバックまで積極的なオーバラップを見せ、怒涛の勢いで攻め込んでくる。

11分。
サイドからのFKをBeckmanがニアでコースを変える技ありヘッド


ゴーーーーーール(。_。)


あぁ、いきなりリードが消えた。
こうなったらこっちも攻撃モードしかないな、とサイドバックとMCの攻撃参加を「積極的」に変更。
攻守がめまぐるしく入れ替わる乱打戦となる。


15分。
ルジエロのパスに抜け出したコーダがDFと競り合いながらシュート


Adnan なんとか弾き出した!



17分。
PA内に進入したBeckmanの強烈なシュート


レオ ウルトラセーブだ!



24分。
ゲオルゲスクの左からのクロスに飛び込んだコーダのヘディングシュート



ゴーーーーーーーーーールヽ(≧□≦)人(≧∀≦)人(≧▽≦)人


やってくれるぜ、なんでCLだけこんな決定力が高いのやら('∇')

この1点で追い詰められたレアルの攻撃は更に鋭さを増す。


29分。
クロスに飛び込んだBeckmanのヘディングシュート


レオ なんとか腕に当てた!



36分。
CKに飛び込んだBeckmanのヘディングシュート


レオ 指先だけで防いだ!



さらにこぼれ球からのクロスをもう1回Beckmanがヘディングシュート


クロスバー直撃(゚Д゚;)



40分。
セスクのパスに抜け出したValmirがGKと1対1


レオ 低い飛び出しで止めた!



ホント、前半だけで何回決定機作られてんだよ(;´Д`)
といってもBeckmanの高さにやられかけてるだけで、スルーパス通されたのは1本だけどねぇ。
やっぱ高いFWはこえぇ(;つД`)


45分。
前半終了間際に電光石火のカウンター。ルジエロのスルーパスに抜け出したコーダ



ゴーーーーーーーール(≧∇≦)b



コーダはほんとによく動く。ディフェンスでは相手DFに絶え間なくプレッシャーかけ続け、攻撃では何度でも裏に走りこんでくれる。
運動量ってカウンターする時はこんな重要なのね(´∀`)


後半からは定番の4-1-4-1でのらりくらり逃げ切りモードに変更。
焦るレアルのプレスをするりするりとかわして中盤とDFでパスを回す姿は爽快。

さらに63分。
CKのこぼれ球をメディナがミドル・・・これが相手DFに当たって・・・・・・


ゴーーーーーーーール(゚Д゚;)



これで通算得点で3点リード。
かなり余裕が出来たが、今日に限っては誰一人、集中力を切らさずに最後まで粘り強く守り続けた。
なんでCLだと、こんなギリギリの所で踏ん張れるんだろうなぁ(-_-;)

レオもリーグ戦ではムチャクチャ凄いわけではないのに、CLになるとGSGK化するもんなぁ。

結果

3(4)-(1)1 WIN

これで決勝進出&賞金4.2億をゲット(σ´∀`)σ






5月



05/02 UEFA Champions League 決勝戦 対戦相手確定

決勝の相手

バルサキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

こうなったらウチがバルサの2連覇を阻止してやるか(´∀`)




Lega Calcio Serie A


05/05 第36節 Home  VS Torino
 

攻撃陣が爆発。ロスタイムにはルーロフセンが故障明け後の初ゴールも決めて大勝。


5-0 WIN  5位→




05/12 第37節 Away  VS Inter 

バー1回、ポスト1回、他スーパーセーブ多数。ま、GSGKはどうしょうもない。


1-2 LOSE  5位→




05/19 最終節 Home  VS Chievo 

ロスタイムに劇的勝ち越し弾、と思ったら直後に失点。


2-2 DRAW  5位→

GSGKはどうしようもない。
でも、やらんでいい点をあげすぎ。こんなんだから上位に行けんのだ(#゚Д゚)

という具合に最終節までグダグダで監督の怒り爆発。
こんな有様でCLの決勝大丈夫なのかよ(゜~゜)







順位


最後までもつれた優勝争いでしたが、ユベントスがミランの7連覇を阻止。
毎年、こんなんだったら面白いんだけどなぁ。なんせ昨季までのミランが異常だった。


そんな中、ウチは早々に脱落し、リーグ戦は5位という結果に。
4強に大差をつけられたのは、やはり中盤までの4-3-2-1で試行錯誤してた頃に取り逃がした勝ち点が響いてしまった。

とはいえ、4-3-3でもGSGKの前にゴールが挙げられなかった事を考えるとこんなもんなのかも。
中位以上のほぼ全てのクラブに反応19、20のGKがひしめく現状では一度GSGKモードに入られるとお手上げです。


セリエA 各シーズン成績

13/14 38試合 勝点45 12勝 17敗 09分 58得点 64失点 得失-6  13位 
14/15 38試合 勝点64 19勝 12敗 07分 64得点 43失点 得失+21  7位
15/16 38試合 勝点59 16勝 11敗 11分 54得点 52失点 得失+2   7位
16/17 38試合 勝点80 24勝 06敗 08分 82得点 39失点 得失+43   3位
17/18 38試合 勝点84 25勝 04敗 09分 73得点 32失点 得失+41   2位
18/19 38試合 勝点67 19勝 09敗 10分 60得点 36失点 得失+24  7位


やはり今季は得点力不足が失速の要因。
終盤の4-3-3ではそれなりに点も取れていたので、選手の能力というよりフォメの問題かなと。

チーム内得点ランク

1.ルーロフセン(ST)  11点
2.ザウリ(AMC)     10点
3.バール(ST)      9点
4.コーダ(ST)       9点
5.バラジテ(MC)     5点


チーム内アシストランク

1.ゲオルゲスク(AMC) 8アシスト
2.ザウリ(AMC)     7アシスト
3.ベンゼルガ(DM)   6アシスト
4.バール(ST)     5アシスト
5.ソハ(DL)       4アシスト


骨折で2ヶ月離脱したにも関わらずルーロフセンが得点1位。
15億で獲得したバールに6億で獲得したホエクストラはやや期待外れな結果に。

バールは少し可能性を感じさせてくれたので、来季はもっとやってくれるかも・・・。

一方、完全に攻撃陣の中心となったのがボスマンで獲得したザウリ。
なんと彼1人でウチの全得点の3分の1に関わる大車輪の活躍。

印象的だったのはアシストランク1位のゲオルゲスク。
4-3-2-1の時は、MCやAMCでの起用が多くあまり目立った活躍はなし。
終盤4-3-3の左ウィングで起用すると、ドリブル突破と正確なクロスで攻撃の基点に。
AMLが天性なせいなのか?


守備陣は数字の上では問題なさそうだが、勝負所での失点が多すぎる。
勝ちきれなかった試合を勝てていたらなぁ(;´Д`)

たぶん、今季はCLの方に全ての運を注ぎ込んでしまったんでしょう(-_-;)


という事で今季の目標だったはずのスクデッドには遠く及ばず。
残す唯一のタイトル、ビッグイヤー獲得を!!

2008/12/05 23:16 | イタリア成り上がり編COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。